VPNスプリットトンネルとは?

VPNスプリットトンネルは、暗号化VPNトンネルを通じて一部のデバイスやアプリのトラフィックを迂回させながら、同時に他のデバイスやアプリでインターネットに直接アクセスすることを可能にします。

スプリットトンネルを使うと、ローカルネットワークデバイスへのアクセスを失わずに、選択したトラフィックを保護できます。WindowsMacAndroidルーター版ExpressVPNアプリでご利用ください。

2つの扉で分岐する道。

スプリットトンネルが必要な理由

基本的なVPNは、すべてのインターネットトラフィックを暗号化されたトンネルに通すことで、データをハッカーや第三者から保護します。

ご使用のVPNがスプリットトンネルをサポートしない場合、次の問題が起きる恐れがあります。

  • 外国とローカルのウェブサービスに同時にアクセスできない

  • VPNを介したすべてのデータの送信で帯域幅を使い果たす

  • VPN接続中にLANデバイスにアクセスできない

スプリットトンネルVPNでできること:

  • ローカルIPアドレスからウェブサービスを使った洋画のストリーム

  • 他のウェブサービスのスピードに影響しない安全なダウンロード

  • 安全なネットサーフィンを楽しみながらのネットワークプリンターへのアクセス

スプリットトンネルにセキュリティリスクはありますか?

スプリットトンネルを設定して、特定のトラフィックをVPNの保護から除外した場合、インターネットサービスプロバイダまたは第三者がトラフィックにアクセスできるようになる可能性があります。

オンライン活動を保護するためには、機密情報の取り扱いやダウンロードをする際に、VPNで保護された接続のみご使用ください。

ExpressVPNアプリでスプリットトンネルはどのように機能しますか?

ExpressVPNのスプリットトンネルには2つの設定があります。

  • スプリットトンネル:選択された一部を除く、すべての接続デバイスとアプリケーションを保護します。

  • 逆スプリットトンネル:選択した接続デバイスとアプリケーションだけを保護します。その他の接続はVPN外を流れます。

VPNスプリットトンネル付きプラットフォーム

ルーター版ExpressVPNのインターフェイス。二つのデバイスグループとそれに接続されたデバイスが表示されている。

ルーター対応ExpressVPN

ルーター版ExpressVPNでは、スピリットトンネルはデバイスグループの形で利用できます。これは、Wi-Fiに接続したデバイスをグループ分けして、それぞれのグループを異なるVPNサーバーロケーションに接続することを可能にするシステムです。最大5つのグループを作成できます。例えば、ひとつは実際のロケーション、もうひとつは外国のコンテンツ向けにしたり、VPNに接続しないグループを作ってもよいでしょう。

Mac版ExpressVPNアプリのインターフェイス。選択したアプリのみがVPNで保護されていることがわかる。

Mac、Windows、Android版ExpressVPN

MacWindowsAndroid版ExpressVPNアプリのスプリットトンネル機能を使って、ExpressVPN接続中にどのアプリがVPNを使用するのかを選択できます(スプリットトンネルは、MacOS 11以降には対応していません)。

* MediaStreamerを使うと、別の方法では利用できないコンテンツにアクセスすることができますが、これはVPNのすべてのセキュリティとプライバシーのメリットを提供するものではありません。

30
日間
返金保証

最高のVPNスプリットトンネルをリスクフリーでお試しください

ExpressVPNとスプリットトンネルにご満足いただけない場合には、サポートに問い合わせを行い、30日間以内に全額返金をお受け取りください。簡単にできます。

ExpressVPNを購入する